FC2ブログ

「酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者講習会」

本日から3日間「酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者講習」が、地場産業振興センター3階研修室において開催されています。各酒造メーカーの社長、杜氏や蔵人が受講してます。酸欠事故防止のためだそうです。

1・2日目は、講習や実技で、3日目は修了試験があります。暑いけど、全員合格目指して頑張れ!
スポンサーサイト



ならクターショップ「絵図屋」さんでの試飲販売に行ってきました。

 5/3(日)~5/4(月)の2日間 、奈良市餅飯殿町「絵図屋」さん前での試飲販売に行ってきました。両日共お天気に恵まれゴールデンウイーク期間中で大勢の人でにぎわってました。

 私たち事務局も頑張って大勢の人に試飲を勧めて奈良土産として買っていただきました。
組合員さんたちが、丹精こめて造ったお酒ですから、一人でも多くの方に本物の味を知っていただきたいと思って説明しました。

 奈良に来られた若い人達は、私たち以上にお酒に関して知識のある人が多いと思いましたが、中には、「純米酒」と「吟醸酒」を飲み比べて説明した最後に「これって日本酒?」と言われて目が点になりました。でも試飲して奈良のお酒を知ってもらっただけでも良しとしようと思い直してます。

「奈良のお酒って結構味があって美味しいんだよネ!」とのお声も多数聞いてうれしく思いました。事務所にいるとお客様の声を、直接聞くことができないので良かったです。



未成年者飲酒防止キャンペーン

 4月14日(火)近鉄八木駅にて開催された、奈良県小売酒販組合連合会主唱の未成年者飲酒防止キャンペーンに参加しました。
 
 当日は朝からあいにくの雨模様でどうなるかと心配しましたが、朝はまだ雨もそれほどひどく降っていなかったので、何とか無事終了することができました。朝、7時からということで頑張って早起きしました。
 

「平成20年度奈良県新酒研究会」が無事終了

 3月19日(木)開催の「平成20年度奈良県新酒研究会」が無事終了しました。当日は、研究会の他に午前と午後別室で2つ会議があり、事務局は大忙しでした。忙しすぎて写真を撮るのを忘れてしまいました。

 研究会の審査は、6名の審査員にお越しいただき午前中審査していただきました。今年のお酒の品質も全体に好評で、良質のお酒に仕上がっております。

 また、午後からの会社関係者のきき酒には、若い蔵関係者が多かったので驚きました。以前は、杜氏さん(60代~70代の方)が社長と来られることが多かったからです。 でも、若い蔵関係者が、増えていることは嬉しいことです。若い方が造った良質のお酒が、沢山売れるともっと嬉しいです。

テーマ : 奈良
ジャンル : 地域情報

「平成20年度奈良県新酒研究会」について

事務局では、「平成20年度 奈良県新酒研究会」の準備中です。組合員の皆様は、期日までに各書類の提出と新酒の搬入をお願いします。

   
                     

テーマ : 奈良
ジャンル : 地域情報

奈良うるはし
日本酒で乾杯
 
最新記事
最新トラックバック
プロフィール

奈良県酒造組合

Author:奈良県酒造組合
奈良県酒造組合による公式ブログ

→公式サイト

月別アーカイブ
検索フォーム